わが街の名画座 ー映画館で会いましょう。ー

映画のある人生。映画好きの仲間がいる人生。 北九州映画サークル協議会
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 例会候補作品
CATEGORY ≫ 例会候補作品

2016年2月〜7月例会候補作品紹介 予告編

2014年上半期例会候補作品*予告編

『最終目的地』(2009/アメリカ/117分)
監督:ジェームス・アイヴォリー 出演:アンソニー・ホプキンス 真田広之 他





『赤い靴 デジタル修復板』(1948/イギリス/136分)
監督:マイケル・パウエル 出演:モイラ・シアラー アントン・ウォルブルック 他





『アンコール!!』(2012/イギリス/94分)
監督:ポール・アンドリュー・ウィリアムズ 出演:テレンス・スタンプ 他





『愛さえあれば』(2012/デンマーク/116分)
監督:スサンネ・ピア 出演:ピアース・ブロスナン 他





『灼熱の魂』(2010/カナダ・フランス/131分)
監督:ドゥニ・ビルヌープ 出演:ルブナ・アザハル 他





『スタンリーのお弁当箱』(2011/インド/96分)
監督:アモール・グプテ 出演:パルソー 他





『しあわせカモン』(2009/日本/118分)
監督:中村大哉 出演:鈴木砂羽 石垣佑磨 他





『ももへの手紙』(2012/日本/120分/アニメーション)
監督:沖浦啓之 声の出演:美山加恋 西田敏行 他





『笛吹川』(1960/日本/117分)
監督:木下恵介 出演:高峰秀子 加藤嘉 他





『この空の花 ー長岡花火物語ー』(2011/日本/160分)
監督:大林宣彦 出演:松雪泰子 高嶋政宏 他




『TOMORROW 明日』(1988/日本/106分)は予告編がありませんでした。
ー作品についてー
原作は井上光晴の『明日―1945年8月8日・長崎』。
「昭和20年8月9日午前11時02分」までの24時間の家族を描く戦争映画。
黒木和雄戦争レクイエム三部作の第1作目に当たる作品である。

監督:黒木和雄 出演:桃井かおり 南果歩 他

2013年下半期(13.8月〜14.1月)例会候補作品一覧&予告編

5月26日(日)に2013年下半期の例会作品を決定する代表者会議が行われます。
候補作品の予告編を載せていますので、参考にしてください。
ぜひ観たい!!と思うような作品に出会えた方は、ぜひぜひ代表者会議に出席してください。



『大鹿村騒動記』
(2011/日本/93分)
監督:阪本順治 出演:原田芳雄


『渾身 KON-SHIN』
(2012/日本/134分)
監督:錦織良成 出演:伊藤歩 青柳翔


『愛について、ある土曜日の面会室』
(2009/フランス/120分)
監督:レア・フ­ェネール 出演:ファリダ・ラウアジ


『キリマンジャロの雪』
(2011/フランス/107分)
監督:ロベール・ゲディギャン 出演:アリアンヌ・アスカリ­ッド ジャン=ピエール・ダルッサン


『愛、アムール』
(2012/フランス、ドイツ、オーストリア/127分)
監督:ミヒャエル・ハネケ 出演:ジャン=ルイ・トランティニャン エマニュエル・リヴァ


『あの日 あの時 愛の記憶』
(2011/ドイツ/111分)
監督:アンナ・ユスティセ 出演:ダグマー・マンツェル アリ­ス・ドワイヤー



『ル・アーヴルの靴みがき』
(2011/フィンランド、フランス、ドイツ/93分)
監督:アキ・カウリスマキ 出演:アンドレ・ウィルム カティ・オウティネン


『思秋期』
(2010/イギリス/94分)
監督:パディ・コンシダイン 出演:ピーター・ミュラン


『WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々』
(2011/アメリカ/106分)
監督:トーマス・マッカーシー 出演:ポール・ジアマッティ アレックス・シェイファー


★『タレンタイム』の予告編だけがありませんでした。
マレーシア映画祭で各賞を総なめにした感動作!!
小さな町の高校で、音楽などを競うコンテスト“タレンタイム”(Talent Time)が開かれる。そのコンテストに青春をぶつける高校生、メルー、マヘシュ、ハフィズ、カーホウ。最終選考の一人に選ばれたマレー系の女子生徒メルーは、インド系男子生徒のマヘシュと恋に落ちる。しかしマヘシュの母親は、民族や宗教が異なるメルーとの交際を認めず、会うことさえ禁じてしまう。ハフィズは、成績優秀で、優しく、放課後は脳腫瘍の母を見舞う。カーホウは、厳格な父に常に優秀であることを求められ、そのプレッシャーもあり、ハフィズへのライバル心が進んでいく。
多民族国家マレーシアで、文化、風習、宗教の違いを認めながら、ともに暮らすことの大切さとむずかしさを、女性監督ヤスミン・アフマドが、若者の恋や友情、家族との関係を通して温かく描く。
タレンタイム