わが街の名画座 ー映画館で会いましょう。ー

映画のある人生。映画好きの仲間がいる人生。 北九州映画サークル協議会
2014年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年03月
ARCHIVE ≫ 2014年03月
      

≪ 前月 |  2014年03月  | 翌月 ≫

2014 4月例会『最終目的地』予告編とあらすじ



あきらめた愛、
忘れてしまった愛、

だけどここで 最後の愛を見つける―—



Story
南米ウルグアイの人里離れた邸宅に暮らす、自ら命を絶った作家の妻、作家の愛人と小さな娘、作家の兄とそのパートナーの男性。孤立し朽ちかけた屋敷で、漂うような暮らしを送っていた。そこへ突然、亡き作家の伝記を書きたいというアメリカの青年がやってくる。妻キャロラインは頑なに伝記の執筆を拒み、兄アダムは公認を与える代わりに、青年オマーにある提案をもちかける。やがて浮上する作家の隠れた著作の存在。いつしか、愛人アーデンとオマーは互いに心惹かれあっていくが…。
ひとりの訪問者が止まっていた運命を動かす。そして辿り着く、それぞれの自分の居場所とは…。


文芸作品の名匠ジェームズ・アイヴォリーが描く、人生の“最終目的地”

『眺めのいい部屋』、『ハワーズ・エンド』、『日の名残り』など、映画史に残る文芸作品の数々を生み出してきたジェームズ・アイヴォリー。本作では、アメリカの現代作家ピーター・キャメロンの同名小説を原作とし、南米ウルグアイを舞台に、亡き作家の妻、愛人と娘、兄とそのパートナー、作家の伝記を執筆するために訪れたひとりの青年、それぞれが抱える事情と人間模様を巧みに織りこみ、人生を見つめ直す物語を描き出しました。
脚本には『眺めのいい部屋』『ハワーズ・エンド』でアカデミー賞脚色賞を受賞したルース・プラワー・ジャブヴァーラ、撮影はスペイン映画界の至宝ハビエル・アギーレサロベ、美術は『上海の伯爵夫人』のアンドリュー・サンダース、そして音楽は『モーターサイクル・ダイアリーズ』でウルグアイ人初のアカデミー賞受賞を果たしたホルヘ・ドレクスレルが手がけ、退廃的ムード漂う世界観を創りあげました。繊細なウィット、美しい情景、そして運命的なロマンス。小説のページを繰るように味わう、最高に洗練された文芸作品である本作は、まさに、現在84歳にして現役最高峰監督の名匠ジェームズ・アイヴォリーの集大成といえます。

(2008/米/117分)

監督 ジェームズ・アイヴォリー
出演 アンソニー・ホプキンス ローラ・リニー シャルロット・ゲンズブール
   真田広之 オマー・メトワリー


2014年4月例会
■日付 4月13日(日)
■場所 小倉コロナシネマワールド
■時間 ①12:00ー14:00 ②18:30ー20:30

■日付 4月14日(月)
■場所 小倉昭和館
■時間 19:00ー21:00



2014年3月例会『笛吹川』予告編とあらすじ





Story
時は戦国、武田家が支配する甲斐国の笛吹川に架かる橋の下に“ギッチョン籠”と呼ばれる貧しい農民一族が住んでいた。相次ぐ戦の混乱で次々と男手を亡くしていく中、若き定平がおけいを嫁にとり、長年の苦労の末、ようやくして子宝にも恵まれる。しかし、やがて成長したその子たちも戦へと赴いていき……。

深沢七郎の同名小説の映画化で、戦国時代を背景に笛吹川のほとりに住む貧農の五代にわたる約六十余年の物語。「春の夢」の木下恵介が脚色・監督した。撮影も「春の夢」の楠田浩之。

(1960/松竹/117分)

監督 木下惠介
出演 高峰秀子 田村高廣 市川染五郎(九代目松本幸四郎) 岩下志麻 他

2014年3月例会
■日付 3月16日(日)
■場所 小倉コロナシネマワールド
■時間 ①12:00ー14:00 ②18:30ー20:30

■日付 3月17日(月)
■場所 小倉昭和館
■時間 19:00ー21:00