わが街の名画座 ー映画館で会いましょう。ー

映画のある人生。映画好きの仲間がいる人生。 北九州映画サークル協議会
2016年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2016年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年02月
ARCHIVE ≫ 2016年02月
      

≪ 前月 |  2016年02月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

入会のチラシが新しくなりました!!




★北九州映画サークルのチラシが新しくなりました★


思いっきり可愛い感じでデザインしてみました〜
今年はなんといっても、


映画大学 IN 北九州


チラシ効果で映サ入会が増えるといいな〜
裏面には今年の上半期例会作品紹介が載ってます。
映サはいつでも、思い立ったときに入会できるのです。

「観たいな」と思った作品があったら、ぜひぜひ!
あなたの入会を待ってます★

※映画大学関連も、頑張って更新して行きますよ〜


omote-映サ申込用紙ol-01




ura-映サ申込用紙ol-01
スポンサーサイト

2016年2月例会『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』予告編とあらすじ




STORY
さまざまな風俗を描いた浮世絵が庶民に愛された江戸時代、浮世絵師・葛飾北斎は大胆な作風で一世を風靡(ふうび)する。頑固で偏屈な天才絵師である父・北斎の浮世絵制作を、陰で支える娘のお栄(後の葛飾応為)も優れた才能を発揮していた。そんな北斎親子と絵師の交流や、江戸に生きる町人たちの人間模様がつづられていく。

杉浦日向子の代表作の一つ「百日紅」を、『河童のクゥと夏休み』『映画クレヨンしんち­ゃん』シリーズなどで知られる原恵一監督がアニメ映画化した群像劇。江戸の浮世絵師と­して数多くの作品を発表し、世界中のさまざまな分野に多大な影響をもたらした葛飾北斎­と、その制作をサポートし続けた娘・お栄(後の葛飾応為)を取り巻く人間模様を、江戸­情緒たっぷりに描く。アニメーション制作は、『攻殻機動隊』『東のエデン』シリーズな­どのProduction I.Gが担当する。

監督:原恵一
出演:(声)杏 松重豊 他 

2015年 |日本|90分


2016年2月例会

■日付 2月21日(日)
■場所 イオンシネマ戸畑
■時間 ①12:00ー13:35  ②18:30―21:05

■日付 2月22日(月)
■場所 小倉昭和館
■時間 19:00ー20:35

★イオンシネマ戸畑、小倉昭和館の2会場での上映です。日時のお間違えのないよう、しっかりご確認のうえ、お出かけください。よろしくお願いします。

2016年1月例会『怪しい彼女』あらすじと予告編





STORY
70歳のマルスン(ナ・ムニ)は、向かうところ敵なしの口の悪さと頑固さで近所でも有名なおばあさんだった。国立大教授に出世した一人息子(ソン・ドンイル)を女手一つで育て上げたものの、アクの強い性格が災いし最近は嫁にも煙たがられる始末。ある日、彼女が写真館で遺影のつもりで写真を撮ると、不思議なことに20歳のころの自分(シム・ウンギョン)に戻っていた。


『王になった男』などのシム・ウンギョンと『ハーモニー 心をつなぐ歌』などのベテラン、ナ・ムニが二人一役を熱演する心温まるファンタジー。­70歳の老女が突然20歳の自分に若返ってしまったことから巻き起こる珍騒動を、爆笑­と感動の涙で盛り上げていく。『トガニ 幼き瞳の告発』などのファン・ドンヒョク監督が、本作ではがらりと趣を変え新境地を開­拓。キュートな容貌とは裏腹に、相手構わず罵声を浴びせる怖いもの知らずのヒロインの­魅力のとりこになる。

監督:ファン・ドンヒョク
出演:シム・ウンギョン ナ・ムニ 他 

2014年 |韓国|125分


2016年1月例会

■日付 1月17日(日)
■場所 イオンシネマ戸畑
■時間 ①12:00ー14:10  ②18:30―20:40

■日付 1月18日(月)
■場所 小倉昭和館
■時間 19:00ー21:10

★イオンシネマ戸畑、小倉昭和館の2会場での上映です。日時のお間違えのないよう、しっかりご確認のうえ、お出かけください。よろしくお願いします。

2015年12月例会『ソウルガールズ』あらすじと予告編






STORY
1968年のオーストラリア。アボリジニの居住区で生活しているゲイル(デボラ・メイルマン)、ジュリー(ジェシカ・マーボイ)、シンシアは、小さな頃から歌うことが大好きな3姉妹。いとこのケイと一緒にカントリーミュージックを歌いながらシンガーとして成功をつかもうと奮闘していたが、コンテストに出場しても先住民族に対する偏見や差別から落選させられてばかり。意気消沈する四人だが、ミュージシャンを自称する男デイヴ(クリス・オダウド)と出会い、彼からソウルミュージックのレッスンを受ける。


オーストラリアの先住民族であるアボリジニ初の女性ボーカルグループ、サファイアズを­めぐる実録ドラマ。1960年代末のオーストラリアで、人種差別などの壁を乗り越えな­がら音楽シーンで活躍していく3姉妹といとこの姿を追い掛ける。監督はテレビシリーズ­などを手掛けてきた新鋭、ウェイン・ブレア。オーストラリアの人気歌手ジェシカ・マー­ボイや、『裸足の1500マイル』などのデボラ・メイルマンらが、ヒロインたちを快演­する。夢を持つことの素晴らしさを描いた物語はもとより、魂の込もった歌唱シーンも必­見。


監督:ウェイン・ブレア
出演:ジェシカ・マー­ボイ デボラ・メイルマン 他 

2012年 |オーストラリア|98分


2015年12月例会

■日付 12月12日(日)
■場所 イオンシネマ戸畑
■時間 ①12:00ー13:40  ②18:30―20:10

■日付 12月13日(月)
■場所 小倉昭和館
■時間 19:00ー20:40

★イオンシネマ戸畑、小倉昭和館の2会場での上映です。日時のお間違えのないよう、しっかりご確認のうえ、お出かけください。よろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。