わが街の名画座 ー映画館で会いましょう。ー

映画のある人生。映画好きの仲間がいる人生。 北九州映画サークル協議会
2016年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年10月
ARCHIVE ≫ 2016年10月
      

≪ 前月 |  2016年10月  | 翌月 ≫

CROSS FMにお邪魔しました!!

北九州映画サークル 公式ブログ担当の編集Mです。
映サメンバーがラジオ出演!ということで、放送音声を下に載せてます。
放送時に宮下さんがお話していた映画も紹介しています。


☆10月9日(日)、CROSS FMの夜の地域情報番組「CROSS i(クロス アイ)」(ナビゲーター:鶴田弥生さん)に、運営委員で鑑賞対策部員の岡田さんと事務局の宮下がお邪魔しました。短い時間でしたが、映画サークルのことや10月例会『百円の恋』の紹介、それぞれの映画への思いなど語らせていただき、始めは緊張しましたが、本格的なラジオブースで、楽しく貴重な体験をさせていただきました。(宮下かおり)

ラジオ出演②
(写真左より 宮下かおりさん 鶴田弥生さん 岡田英樹さん)


「CROSS i(クロス アイ)」放送音声です↓



『放浪の画家ピロスマニ』
【作品紹介】
グルジア(ジョージア)を代表する画家ニコ・ピロスマニの半生を描いた伝記映画。幼くして両親を亡くしたピロスマニは、店の看板や壁に飾る絵を描きながら放浪の日々を送るようになる。人々に一目置かれるようになっていくピロスマニだったが、酒場で見初めた踊り子マルガリータへの報われない愛が、画家を孤独な生活へと追い込んでいく。ロシア革命前夜、一杯の酒を得るため画材をかかえて居酒屋を渡り歩く生活を送っていたピロスマニは、作品がある芸術家の眼にとまったことをきっかけに、中央の画壇に注目されるようになる。グルジアがソ連の構成国だった1969年製作。日本では78年に「ピロスマニ」のタイトルでロシア語吹き替え版が劇場公開された。2015年、邦題「放浪の画家ピロスマニ」として、デジタルリマスター&グルジア語オリジナル版で37年ぶりに劇場公開。
【宮下かおりさんのコメント】
2009年に埼玉県立近代美術館で開催された「青春のロシア・アヴァンギャルド」という展覧会の関連企画で、美術館で上映されたのですが、2008年に北九州に戻ってきていたので、観られず、それ以来、ずーっと観たかったんですよ。なんと映サの1983年の例会でも上映されたらしいです。素晴らしいグルジア映画です。

2016 11月例会『草原の実験』予告編とあらすじ



風が吹きわたる緑の草原
父親と二人で暮らす少女
少女がその先にみたもの ――

STORY
その少女は、大草原にポツンと建つ小さな家で父親と暮らしていた。家の前には家族を見守る一本の樹。毎朝、どこかへと働きにでかける父親を見送ってはその帰りを待つ少女。壁に世界地図が貼られた部屋でスクラップブックを眺め、遠い世界へ想いを馳せながら、繰り返される穏やかな生活にささやかな幸せを感じていた。幼なじみの少年が少女に想いを寄せている。どこからかやってきた青い瞳の少年もまた、美しい彼女に恋をする。3人のほのかな三角関係。そんな静かな日々に突如、暗い影がさしてくる...


ブレスト要塞大攻防戦』などのアレクサンドル・コットが監督を務め、雄大な草原を舞台に描く衝撃の人間ドラマ。旧ソ連で実際にあった出来事をモチーフに、少年と少女の淡い恋模様と共に彼らを待ち受ける驚がくの事件を紡ぎ出す。韓国人とロシア人の血を引く美貌のエレーナ・アンがヒロインに抜てきされ、全編セリフなしの難役に挑戦。大自然の美しさに満ちた詩情豊かな映像とはかけ離れた、無垢(むく)な少女を待ち受ける宿命に絶句する。



2014|ロシア|96分
監督:アレクサンドル・コット
出演:エレーナ・アン ダニーラ・ラッソマーヒン カリーム・パカチャコーフ ナリンマン・ベクブラートフーアレシェフ

2016年11月例会

■日付 11月20日(日)
■場所 イオンシネマ戸畑
■時間 ①12:00ー13:40  ②18:30―20:10

■日付 11月21日(月)
■場所 小倉昭和館
■時間 19:00ー20:40

★イオンシネマ戸畑、小倉昭和館の2会場での上映です。日時のお間違えのないよう、しっかりご確認のうえ、お出かけください。よろしくお願いします。

2016年10月例会『百円の恋』予告編とあらすじ




呆れる程に、痛かった。

STORY
32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。
ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしを始める。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。

心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジムで、一人でストイックに練習するボクサー・狩野(新井浩文)を覗き見することが唯一の楽しみとなっていた。

ある夜、そのボクサー・狩野が百円ショップに客としてやってくる。狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに2人の距離は縮めていく。なんとなく一緒に住み始め、体を重ねるうちに、一子の中で何かが変わり始める―――。
 

故・松田優作氏の出身地である山口県周南映画祭で、優作氏の志を受け継ぐクリエイターを発掘すべく、2012 年に新設された脚本賞、第一回「松田優作賞」グランプリ作品 『百円の恋』(作:足立紳)。
国内外からの応募総数151 の脚本より、松田美由紀(女優、 写真家)、黒澤満(映画プロデューサー)、丸山昇一(脚本家)らの厳正なる選考により、女と男の挫折と再生という普遍的なテーマに挑みながらも、人間の弱さと強さを真っ向から描ききった骨太な本作を、『イン・ザ・ヒーロー』の武正晴監督が待望の映画化。

優作氏の故郷・山口県でも一部撮影を行いつつ、志を受け継ぐ役者たちが繰り広げる、魂と肉体を張った名作が誕生した。


© 2014東映ビデオ


2014|日本|113分
監督:武正晴
出演:安藤サクラ 新井浩文 根岸季衣 稲川実代子 早織 他

2016年10月例会

■日付 10月16日(日)
■場所 イオンシネマ戸畑
■時間 ①12:00ー14:05  ②18:30―20:35

■日付 10月17日(月)
■場所 小倉昭和館
■時間 19:00ー21:05

★イオンシネマ戸畑、小倉昭和館の2会場での上映です。日時のお間違えのないよう、しっかりご確認のうえ、お出かけください。よろしくお願いします。