FC2ブログ

わが街の名画座 ー映画館で会いましょう。ー

2017年4月例会『独裁者と小さな孫』予告編とあらすじ

逃亡の果てに、希望はあるのか ヴェネツィア国際映画祭オープニング作品、世界の映画祭が熱狂巨匠モフセン・マフマルバフ監督がまた一つ傑作を生んだ。祖国イランを離れヨーロッパで亡命生活を続けている監督が最新作『独裁者と小さな孫』に込めたのは、平和への想い。クーデターにより権力を奪われた独裁者と孫の逃避行を通して、自らの圧政により貧困と暴力に苦しんでいる人々の現状を浮き彫りに、独裁政権への批判をしながらも...