FC2ブログ

「2020映画大学in岡山」中止のご連絡

北九州映画サークル協議会

2020-07-28
映サ・ニュース
0 COMMENTS
「2020映画大学in岡山」中止のご連絡

今年は新型コロナウイルス感染拡大により、4月全国総会や6月の「京都フェスティバル」に続き、「映画大学」(11月21日~23日)も中止することになりました。

昨年7月福岡の映画大学で岡山市での開催を決め、現地「岡山映画鑑賞会」のみなさんには会場候補の検討や、日程が10月から11月へ変更になったことから改めての会場探しなど、多大なご面倒をおかけした上での開催でありましたが、「映画大学」中止となり、大変申し訳なく思っています。

5月7日には7講師全員が決まり、準備を進めていましたが、6月3日に11月22・23日会場の「ピュアリティまきび」のHP上に3分の1(96席→30席)座席使用制限する表記を確認し、検討を重ね、岡山市内の他会場や、京都市や呉市の会場候補を調査しましたが見つからず、参加者予定数に対応できなくなり、7月5日のオンライン運営委員会で中止を決定しました。

しかし、来年9月18日(土)~20日(月・祝)に同じ岡山市で延期開催を決め、今年と同じ講師陣で臨みたいたいと考えています。今年の「映画大学」中止を講師の方々へご連絡した際に、
南和行弁護士から
「私も皆さんにお会いできず残念ですが,ずっと準備されていた主催者の皆さまにとっては、本当に残念で悔しいことと思います。来年度、ぜひ私も参加できるようにと、心づもりしておきます。」

片渕須直監督事務所から
「こういった状況ですし致し方ないこととはいえ、色々ご準備されてきたなかでの中止は大変残念なことと存じます。 もちろん来年度につきましても、また改めてご相談頂けましたら、可能な限り調整させて頂ければと思っております。」

藤えりかさんからは
「なんと、丸ごと中止のご決断をされたのですね!私以外の御登壇者がとても豪華で、これまでのご調整など大変だったかと拝察するに、とても大変なご判断だったのではないかと想像しております。来年も私は同じように取材を続けておりますので、ぜひよろしくお願いします。」
と、それぞれご返事をいただきました。

今年9月には「映画大学」会場を予約でき決定するとともに、講師陣の再確認を行なって行きます。今年は全国映連の全ての行事が中止となりましたが、来年は昨年以前の通り計画しますので、みなさんのご参加をよろしくお願い致します。


代表委員 有吉和大


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply