わが街の名画座 ー映画館で会いましょう。ー

映画のある人生。映画好きの仲間がいる人生。 北九州映画サークル協議会
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 2013年12月例会『王になった男』*予告編と紹介TOP例会作品 ≫ 2013年12月例会『王になった男』*予告編と紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

2013年12月例会『王になった男』*予告編と紹介



王になりたい、人形ではない本当の王に

STORY
王と瓜二つだったために、毒殺の危機に怯える王・光海の影武者をつとめることになった道化のハソン。大臣たちの陰謀の気配が渦巻く宮中での不安から、暴君と化していた光海。ある日、病床についたことをきっかけに、妓生宿で腐敗した権力の風刺をしていたハソンが極秘の代役として王にすり替わる計画が実行される。
偽物の王が、本物の王に成り済まして政治の矢面に立つ15日間。その中でハソンは、最初は戸惑いながらも、次第に操り人形ではない民のことを考える真の王として周りを魅力していくのだが…


絢爛豪華な王朝時代を舞台に、実在した朝鮮15代目の王・光海の秘密に迫る、史実にフィクションを取り混ぜた重厚な歴史大作だ。
2012年秋に封切られた韓国本国では、宮廷エンタテインメントとしての面白さ、そして暴君と聖君、ふたつの役柄を巧みに演じ分けながら、理想の政治的リーダーシップを訴えるイ・ビョンホンの名演が圧倒的な共感と感動を呼び、観客動員1230万人を超え国民的大ヒットを記録。
2012年10月30日に行われた大鐘賞では史上最多となる主要15部門を受賞する快挙を成し遂げた。

(2012/韓国/131分)

監督 チュ・チャンミン
出演 イ・ビョンホン リュ・スンリョン ハン・ヒョジュ

2013年12月例会
■日付 12月15日(日)
■場所 小倉コロナシネマワールド
■時間 ①12:00ー ②18:30ー

■日付 12月16日(月)
■場所 小倉昭和館
■時間 19:00ー21:15

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。