FC2ブログ

2014年5月例会『コン・ティキ』あらすじと予告編

北九州映画サークル協議会

2014-05-02
例会作品
0 COMMENTS



太陽だけを追いかけて、

海の彼方へ、男たちは旅立った



Story
ノルウェーの学者、トール・ヘイエルダールは、南太平洋ポリネシア諸島の住民の起源が南米にあるという説を信じていた。ヘイエルダールはインカ帝国を征服したスペイン人の図面を参考にし、古代インカでも簡単に手に入る材料を使用し、コン・ティキ号という名前のいかだを作る。そして1947年、ついにペルーからポリネシアまで約8,000キロに及ぶ航海に出発する。


ノルウェーの人類学者で海洋生物学者、トール・ヘイエルダールの実話を基に、太平洋の航海をダイナミックに描いた海洋アドベンチャー。南太平洋に浮かぶポリネシア諸島の人々の起源が南米にあることを立証すべく、ヘイエルダールが敢行したいかだ「コン・ティキ号」による8,000キロにも及ぶ旅を活写する。監督は、『ナチスが最も恐れた男』でコンビを組んだエスペン・サンドベリとヨアヒム・ローニング。危険を伴う壮大な冒険に挑む男たちの姿に圧倒される。

(2012/イギリス・ノルウェー・デンマーク・ドイツ/113分)

監督 エスペン・サンドベリ ヨアヒム・ローニング
出演 ポール・スヴェーレ・ハーゲン アンドレス・バースモ・クリスティアンセン


2014年5月例会
■日付 5月18日(日)
■場所 小倉コロナシネマワールド
■時間 ①13:00ー15:00 ②18:30ー20:30

■日付 5月19日(月)
■場所 小倉昭和館
■時間 19:00ー21:00


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply