fc2ブログ

わが街の名画座 北九州映画サークル協議会

〜映画館で会いましょう〜映画のある人生。映画好きの仲間がいる人生。

2022年10月例会『ファーザー』予告編とあらすじ

「新型コロナウイルス感染拡大防止対策」ご協力のお願い

・体調不良の場合は参加をお控えください。参加当日はご自宅で検温をお願いします。
(受付前に係員が非接触型体温計で検温します)
・館内では常にマスクをご着用ください。
・受付後、速やかに入場をお願いします。
・入退場時、十分な間隔を確保してください。
・入場時には、手指を消毒してください。
・入会お試し券、当日券(一般1,600円 中高大・専門学校生、障碍者手帳提示1,100円)で鑑賞いただけます。
・一般のお客様にも、上記厳守の上、受付にて氏名・連絡先の明記をお願い申し上げます。


★これからの上映作品(2022年8月〜2023年1月)★
8月 『サンマデモクラシー』( 2021年|日本|99分 )
   22日(月)19:00 商工貿易会館多目的ホール
   24日(水)14:00 戸畑市民会館中ホール
   28日(日)14:00 商工貿易会館多目的ホール
9月 『羊飼いと風船』( 2019年|中国|102分 )
   19日(月・祝)14:00 男女共同参画センター・ムーブ ホール
   21日(水)①14:00 ②19:00 戸畑市民会館中ホール
10月 『ファーザー』( 2020年|イギリス・フランス|97分 )
   16日(日)12:00 小倉コロナシネマワールド
   18日(火)①14:00 ②19:00 戸畑市民会館中ホール
11月 『シリアにて』( 2017年|ベルギー・フランス・バノン|86分 )
   20日(日)12:00 小倉コロナシネマワールド
   22日(火)①14:00 ②19:00 戸畑市民会館中ホール
12月 『ハニーランド 永遠の谷』( 2019年|北マケドニア|86分 )
   11日(日)12:00 小倉コロナシネマワールド
   20日(火)①14:00 ②19:00 戸畑市民会館中ホール
1月 『ブータン 山の教室』( 2019年|ブータン|110分 )
   22日(日)12:00 小倉コロナシネマワールド
   24日(火)①14:00 ②19:00 戸畑市民会館中ホール




第93回アカデミー賞《主演男優賞》《脚色賞》2部門受賞
名優アンソニー・ホプキンス最高傑作!

【 映画紹介 】
ロンドンで独り暮らしを送る81歳のアンソニーは記憶が薄れ始めていたが、娘のアンが手配する介護人を拒否していた。そんな中、アンから新しい恋人とパリで暮らすと告げられショックを受ける。だが、それが事実なら、アンソニーの自宅に突然現れ、アンと結婚して10年以上になると語る、この見知らぬ男は誰だ? なぜ彼はここが自分とアンの家だと主張するのか? ひょっとして財産を奪う気か? そして、アンソニーのもう一人の娘、最愛のルーシーはどこに消えたのか? 現実と幻想の境界が崩れていく中、最後にアンソニーがたどり着いた〈真実〉とは──?


主演は『羊たちの沈黙』でアカデミー賞に輝いたアンソニー・ホプキンス。老いにより記憶を失っていく父を演じ世界中から絶賛されオスカー前哨戦の賞も次々と獲得、30年ぶり2度目の栄冠への距離が日に日に近づいている。父を支える娘には、『女王陛下のお気に入り』でアカデミー賞🄬を受賞したオリヴィア・コールマン。

老いによる思い出の喪失と、親子の揺れる絆を描く
かつてない映像体験で心揺さぶる今年最高の感動作

アンソニー演じる認知症の父親の視点という画期的で描かれる本作。何が現実で何が幻想か、観る者は主人公と共に、迷宮のようにスリリングな記憶と時間の混乱を体験し、すべてが明かされた後、冒頭から観直したい衝動に駆られる。
父と娘のやり取りは、切ないけれどおかしく、いらだたしいのにいとおしい。迷い揺れる人間的な登場人物たちに自分自身を見出し、思いがけない結末に激しく心を揺さぶられる。

2020年製作/97分/G/イギリス・フランス合作
原題:The Father
配給:ショウゲート


監督
フロリアン・ゼレール

原作
フロリアン・ゼレール

脚本
クリストファー・ハンプトン フロリアン・ゼレール

撮影
ベン・スミサード

美術
ピーター・フランシス

衣装
アナ・メアリー・スコット・ロビンズ

編集
ヨルゴス・ランプリノス

音楽
ルドビコ・エイナウディ

出演
アンソニー・ホプキンス
オリビア・コールマン
マーク・ゲイティス
イモージェン・プーツ
ルーファス・シーウェル
オリビア・ウィリアムズ
アイーシャー・ダルカール





◉会場:小倉コロナシネマワールド
○上映日時:10月16日(日)…12:00〜(アクセス

◉会場:戸畑市民会館 中ホール(アクセス
○上映日時:10月18日(火)…①14:00〜 ②19:00~20:40

9月19日(月・祝)の例会は中止いたします。

9月19日(月)の例会は、会場(北九州市立男女共同参画センター・ムーブ)が台風の影響で休館のため、中止になりました。

21日の例会は通常通り、開催いたします。
9月例会『羊飼いと風船』
日時:9月21日(水) ①14:00-15:45【受付開始 13:30】/ ②19:00-20:45【受付開始 18:30】※9月号「泉」の表紙の受付開始時間が間違っていました。すみませんでした。
会場:戸畑市民会館(ウェルとばた3F・中ホール)

2022年9月例会『羊飼いと風船』予告編とあらすじ

※例会中止のお知らせ
台風の影響で会場のムーブが休館のため9月19日(月・祝)の例会は中止です。
21日(水)戸畑市民会館での上映は通常通りです。

「新型コロナウイルス感染拡大防止対策」ご協力のお願い
・体調不良の場合は参加をお控えください。参加当日はご自宅で検温をお願いします。
(受付前に係員が非接触型体温計で検温します)
・館内では常にマスクをご着用ください。
・受付後、速やかに入場をお願いします。
・入退場時、十分な間隔を確保してください。
・入場時には、手指を消毒してください。
・入会お試し券、当日券(一般1,600円 中高大・専門学校生、障碍者手帳提示1,100円)で鑑賞いただけます。
・一般のお客様にも、上記厳守の上、受付にて氏名・連絡先の明記をお願い申し上げます。


★これからの上映作品(2022年8月〜2023年1月)★
8月 『サンマデモクラシー』( 2021年|日本|99分 )
   22日(月)19:00/24日(水)14:00/28日(日)14:00
9月 『羊飼いと風船』( 2019年|中国|102分 )
   19日(月・祝)15:00/21日(水)①14:00 ②19:00
   ※台風で会場のムーブが休館のため19日の例会は中止です。   
10月 『ファーザー』( 2019年|イギリス・アメリカ・フランス|97分 )
   ※日程・会場は現在調整中です。
11月 『シリアにて』( 2017年|ベルギー・フランス・バノン|86分 )
   ※日程・会場は現在調整中です。
12月 『ハニーランド 永遠の谷』( 2019年|北マケドニア|86分 )
   ※日程・会場は現在調整中です。
1月 『ブータン 山の教室』( 2019年|ブータン|110分 )
   ※日程・会場は現在調整中です。




牧畜で生計を立てながら、大草原で暮らす家族。
近代化の波が押し寄せ、
長年にわたり受け継がれてきた営みが揺らぎだすー


【 映画紹介 】
チベットの大草原。牧畜をしながら暮らす、祖父・若夫婦・3人の息子の三世代の家族。昔ながらの素朴で穏やかな生活を送っていたが、近代化は進み中国の一人っ子政策の波が押し寄せていた。そんなある日、母・ドルカルの妊娠が発覚する。喜ぶ周囲をよそに、思わぬことで母の心は揺れ動く。伝統的な信仰と変わりゆく社会の狭間に立たされ、次第にすれ違う家族―葛藤の末、彼女が選んだ道とは…
時代に翻弄されながらもひたむきに生きる家族を、時にユーモアを込めて紡ぎ、広大な草原、猛々しい羊たち、厳しい土地で生きる人間のたくましさを圧倒的な映像美をもって映し出した、心揺さぶられる人間ドラマが誕生した。

監督は、作家としても高い実績をもつ、チベット映画の先駆者 ペマ・ツェテン。故郷・チベットの市井の人々に寄り添う眼差しで作品を生み出し、これまでに国内外の映画祭で40以上の賞を受賞。イランの名匠アッバス・キアロスタミや中国のウォン・カーウァイも、その才能に惚れ込み高く評価した。本作もヴェネチア国際映画祭をはじめ、世界中の映画祭に出品され「小説を読むかのような豊かなタペストリー、なかなかこんな映画には出会えない!」(Asian Movie Pulse)「賢明で、叙情的なユーモアに満ちている」(FIVE FLAVOURS)など絶賛評が並んだ。そして、もはや常連となった東京フィルメックスでは、その高いクオリティと 詩的な世界観が評価され、「オールド・ドッグ」(11)、「タルロ」(15)に続き、審査員満場一致で3度目の最優秀作品賞に輝いた。本作が、待望の日本劇場初公開作品となる!

2019年製作/102分/G/中国
原題:気球 Balloon
配給:ビターズ・エンド


監督
ペマ・ツェテン

脚本
ペマ・ツェテン

撮影
リュー・ソンイエ

美術
タクツェ・トンドゥプ

編集
リアオ・チンスン ジン・ディー

音楽
ペイマン・ヤズダニアン

出演
ソナム・ワンモ
ジンパ
ヤンシクツォ





◉会場:北九州市立男女共同参画センター ムーブ 2階ホール(アクセス
○上映日時:9月19日(月・祝)…15:00〜
※台風で会場のムーブが休館のため19日の例会は中止です。

◉会場:戸畑市民会館 中ホール(アクセス
○上映日時:9月21日(水)…①14:00 ②19:00

2022年8月例会『サンマデモクラシー』予告編とあらすじ

「新型コロナウイルス感染拡大防止対策」ご協力のお願い

・体調不良の場合は参加をお控えください。参加当日はご自宅で検温をお願いします。
(受付前に係員が非接触型体温計で検温します)
・館内では常にマスクをご着用ください。
・受付後、速やかに入場をお願いします。
・入退場時、十分な間隔を確保してください。
・入場時には、手指を消毒してください。
・入会お試し券、当日券(一般1,600円 中高大・専門学校生、障碍者手帳提示1,100円)で鑑賞いただけます。
・一般のお客様にも、上記厳守の上、受付にて氏名・連絡先の明記をお願い申し上げます。


★これからの上映作品(2022年8月〜2023年1月)★
8月 『サンマデモクラシー』( 2021年|日本|99分 )
   22日(月)19:00/24日(水)14:00/28日(日)14:00
9月 『羊飼いと風船』( 2019年|中国|102分 )
   ※日程・会場は現在調整中です。
10月 『ファーザー』( 2019年|イギリス・アメリカ・フランス|97分 )
   ※日程・会場は現在調整中です。
11月 『シリアにて』( 2017年|ベルギー・フランス・バノン|86分 )
   ※日程・会場は現在調整中です。
12月 『ハニーランド 永遠の谷』( 2019年|北マケドニア|86分 )
   ※日程・会場は現在調整中です。
1月 『ブータン 山の教室』( 2019年|ブータン|110分 )
   ※日程・会場は現在調整中です。





沖縄史に埋もれた
伝説のサンマ裁判を描き出す
ノンストップドキュメンタリー

【 映画紹介 】
1963年沖縄。祖国復帰を願う沖縄の人々が、日本の味として食べていたサンマ。サンマには輸入関税がかけられていたが、その根拠は琉球列島米国民政府の高等弁務官布令、物品税法を定めた高等弁務官布令十七号(1958年公布)。だが、関税がかかると指定された魚の項目に、サンマの文字はなかった。そこで「関税がかかっているのはおかしい!」と、魚卸業の女将・玉城ウシが、琉球政府を相手に徴収された税金の還付訴訟を起こした。求めた額は、現代の貨幣換算でなんと7000万円。このウシおばぁが起こした“サンマ裁判”は、いつしか統治者アメリカを追い詰める、民主主義を巡る闘いとなった。

裁判を展開した人々の視線の先には、帝王と恐れられた1961年初めから1964年夏まで第3代高等弁務官を務めたポール・W・キャラウェイがいた。 キャラウェイ高等弁務官は、沖縄経済の改革に尽力したが、布令を何度も発令して民衆を縛り付け、本土復帰運動をも弾圧した施政を展開。沖縄のメディアはその猛威をキャラウェイ旋風と名付けた。 キャラウェイ高等弁務官に挑んだウシおばぁのサンマ裁判をきっかけに、その裁判を支えた弁護士であり、大きなことを言うことからラッパと呼ばれた政治家・下里恵良、“米軍(アメリカ)が最も恐れた政治家”・瀬長亀次郎らの行動をたどり、統治者アメリカと自治権をかけて闘った人々の姿を伝える。

2021年製作/99分/G/日本
配給:太秦


監督
山里孫存

プロデューサー
山里孫存

撮影
祝三志郎

編集
祝三志郎

音楽
巻く音 jujumo

ナレーター
川平慈英

出演
志ぃさー





◉会場:商工貿易会館 2階 多目的ホール 住所:小倉北区古船場町1−35 (アクセス
○上映日時:8月22日(月)…19:00〜
○上映日時:8月28日(日)…14:00〜

◉会場:戸畑市民会館 中ホール(アクセス
○上映日時:8月24日(水)…14:00〜


7月例会『エール!』(ムーブフェスタ2022 市民企画事業 参加作品)予告編とあらすじ

「新型コロナウイルス感染拡大防止対策」ご協力のお願い

・体調不良の場合は参加をお控えください。参加当日はご自宅で検温をお願いします。
(受付前に係員が非接触型体温計で検温します)
・館内では常にマスクをご着用ください。
・受付後、速やかに入場をお願いします。
・入退場時、十分な間隔を確保してください。
・入場時には、手指を消毒してください。
・入会お試し券、当日券(一般1,600円 中高大・専門学校生、障碍者手帳提示1,100円)で鑑賞いただけます。
・一般のお客様にも、上記厳守の上、受付にて氏名・連絡先の明記をお願い申し上げます。

2022年2月〜7月の例会
2月 『アリ地獄天国』( 2019年|日本|98分 )
   20日(日)10:00/21日(月)19:00/22日(火)14:00
3月 『レ・ミゼラブル』( 2019年|フランス|104分 )
   20日(日)10:00/21日(月)19:00/23日(水)14:00
4月 『37セカンズ』( 2019年|日本・アメリカ|115分 )
   17日(日)10:00/18日(月)19:00/19日(火)14:00
5月 『ブレッドウィナー』( 2017年|アイルランド・カナダ・ルクセンブルク|94分 )
   22日(日)10:00/23日(月)19:00/24日(火)14:00
6月 『夏時間』( 2019年|韓国|105分 )
   19日(日)10:00/20日(月)19:00/22日(水)14:00
7月 『エール!』(ムーブフェスタ2022 市民企画事業 参加作品)
   20日(水)①14:00-15:45/②18:30-20:15
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7月例会『エール!』予告編


届け!心のまんなかに。

聴覚障害を持つ家族の中でただひとり耳の聞こえる少女が、歌手になる夢を家族に理解してもらおうと奮闘する姿を描いたフランス製ヒューマンドラマ。フランスの田舎町に暮らすベリエ家は、高校生の長女ポーラ以外の全員が聴覚障害者だったが、「家族はひとつ」 を合い言葉に明るく幸せな毎日を送っていた。ある日、ポーラは音楽教師からパリの音楽学校への進学を勧められる。しかしポーラの歌声を聴くことのできない家族は、彼女の才能を信じることができない。家族から猛反対を受けたポーラは、進学を諦めようとするが……。人気オーディション番組で注目された新人女優ルアンヌ・エメラが主人公ポーラ役で歌声を披露。共演は「しあわせの雨傘」のカリン・ビアール、「タンゴ・リブレ 君を想う」のフランソワ・ダミアン、「ゲンスブールと女たち」のエリック・エルモスニーノ。「ビッグ・ピクチャー 顔のない逃亡者」のエリック・ラルティゴが監督・脚本を手がけた。フランス映画祭2015で観客賞を受賞。


2014年製作/105分/G/フランス

原題:La famille Belier

配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム


監督
エリック・ラルティゴ
製作
エリック・ジュエルマン フィリップ・ルスレ ステファニー・バーマン
原作
ビクトリア・ベドス

出演
ルアンヌ・エメラ
カリン・ビアール
フランソワ・ダミアン
エリック・エルモスニーノ


◉会場:北九州市立男女共同参画センター・ムーブ 2Fホール(アクセス
○上映日時:7月20日(水)…①14:00〜 ②18:30〜